はじめに
ブルーベリー栽培を始めたきっかけは、庭に果実がなる木を植えたいと思い、ホームセンターに行ったことからでした。
その時は何も知らずに、サンシャインブルーとヒトミという品種を買ってきました。
ちょうど4月ごろで花が咲いている状態でした。
小さい苗に実を生らせてしまい、おまけに庭土にそのまま植えたので枯らしてしまいました。
その後、本やホームページなどでいろいろ調べました。
調べていくうちに、ブルーベリーを育てる事の楽しさを知り、すっかりブルーベリー栽培にはまってしまいました。(笑)    
このホームページでは、
私が栽培している品種の栽培状況や私の家での品種特性を記録していきます。
少しでもブルーベリーのおいしさと、育てることの楽しさを伝えたいと思います。
ブルーベリー栽培に興味がある人、これから始めたい人に、少しでもお役にたてれば嬉しいです。



これから今年の秋ごろまでに、徐々に内容を充実させて行こうと思っています。
まだまだ未完成で内容不足ですが、頑張ります。



育ててみての感想
・生のブルーベリーのおいしさ
・品種による味や香り、大きさの違い
・他の果樹に比べて早めに実を食べることが出来る
・たくさんの品種がある
・品種により実が成る時季に違いがある
・四季を通じて楽しめる
・挿し木による増殖が容易
・最近はホームセンターなどで気軽に買える
・探すと意外と身近にブルーベリー園や農家がある

・コガネ虫の幼虫には注意が必要(根を食べられる)
・他の果樹同様、接木苗が主流になるかも?
・子供が喜ぶ(これが一番かな



最近思うこと・・・08.3.
品種選択の重要性
それほど興味が無い人がブルーベリーと言うと「青い実で、目に良い果物」
ぐらいの認識なのかも知れません。
実際、私も栽培するまでは、そのような認識でした。
しかし、栽培してみると品種による様々な違いに気づきました。
育てやすい品種、美味しい品種、紅葉が綺麗な品種など、それぞれに特徴
があります。
「品種の違いによる差より、栽培技術が重要だ」という意見もあるようですが、
私は間違いなく品種選択が重要だと思っています。
美味しい品種は、栽培下手な私みたいな素人が作っても美味しいです。(笑
(美味しくない品種は、なおさら美味しくなくなります)

品種の正確性
そこで購入先ですが、大抵の人が最初にホームセンターや園芸店で買って
いるのではないでしょうか?
私もそうでしたが、ホームセンターの苗は実際に手にとって選ぶことが出来る
のが良いところですよね。
だけど、苗の状態や管理状況など、気をつけないとダメです。
(幼苗に実をたくさんつけて売っていたり、水切れ状態だったり・・・。)
私が思う、売られている苗の良し悪しの判断の1つの目安は、用土の質にあると思います。
ブルーベリー栽培に愛情がある栽培者なら、用土にこだわりがあるはずです。
ピートモス主体の用土なら、品種の正確性も高まると思います。
あくまでも私の判断基準ですよ。


それと、もう1つ気をつけなくてはいけないのが、品種の正確性です。
故意なのか、故意で無いのかは、わかりませんが、品種違いの苗が多いことに気づきました。
これは素人が、ちょっと見ただけでは判断がつかないと思います。
私は何回も失敗しました。(同じタグで売られていた苗が、3品種すべてで品種違いだったり・・・)
品種違いはホームセンターだけに限ったことでは無いですが、やはり信頼できる専門の苗屋さんで買うことをお勧めします。









inserted by FC2 system